保育園の騒音問題

近年、保育園の騒音問題により、新規の保育園や幼稚園の建設がとん挫する、近隣からうるさいとクレームがくるなど保育環境から生まれる騒音問題が話題になっています。それらの多くは住宅地に隣接した保育園に多くみられます。この問題はひと昔前には一切聞かなかったと思います。今回は保育園の騒音問題について考えていきます。

人間は子供の声が気になる?

生活している中では色々な音が耳に入ってくるが、その音には様々な種類があります。声などの空気音、電車などの振動が起こす振動音などです。人間の耳には音に敏感な周波数帯が存在します。人間が一番敏感な周波数は4,000Hz周辺の音です。簡単に言うと赤ちゃんの泣き声がその周波数帯にあたります。赤ちゃんの泣き声のような甲高い音を人間が最も気になる音というのは赤ちゃんが親を呼ぶ意味で泣くことを考えると理にかなっています。

海外の保育園騒音事情

日本以外の国にももちろん保育園同様の施設があり、同じように子供たちの声が存在します。それでは国外の事情はどうなのでしょうか。例えばドイツでは保育園や遊び場での子供の声は騒音には当たらないと法律に明文化されています。法律で明文化してある以上、日本で起こっているような問題にはなりません。このドイツの法律も2011年に改正させたまだ新しい法律と考えると、法律ができる前までは日本と同じような状況があったかもしれません。

保育園や幼稚園の騒音対策

保育園や幼稚園がある場所は様々です。住宅地にオフィス街など場所によって騒音対策もいろいろあります。住宅地にある場合は近隣住宅との間に防音壁を建てて騒音対策をしているケースやオフィス街にある場合は下階への振動を抑えるため、浮き床にしているケースなどもあります。保育園や幼稚園の場合、一時的な騒音対策ではなく恒久的な対策となるため費用もかかってしまうが、周りの環境を考えると対策を講じているところも多いです。

室内の騒音問題

保育園や幼稚園の音環境改善は外への対策だけではありません。室内にいる園児や保育士さんへの対策も必要です。上記でも述べたように園児の声は人間の耳が敏感な周波数帯です。その敏感な声(音)に1日何時間もさらされている園児や保育士さんの耳への悪影響も考えるべきです。室外への対策も必要だが、室内への対策も併せて行う必要を強く感じます。子供を預かる施設として音環境への配慮もこれからは必要になっていきます。またその音環境への配慮が他園との差別化となり、より良い保育園・幼稚園作りによいサイクルが生まれてくればよいと思います。

教育現場での導入事例

教育現場での導入事例をご紹介します。教室内は過度に音を反響させる素材が多いですが、それに負けない吸音力を発揮し、ご満足いただいております。

保育室の壁にミュートパネルを設置し反響音対策
(某保育園様)

保育園 詳細はこちら

保育室の壁にミュートパネルを設置し園児の耳への悪影響を低減

設置後 詳細はこちら
導入前に吸音パネル
設置の効果が分かる!