反響音がテレビ会議の邪魔をする

近年、働き方の変化によりテレビ会議システムが多くの企業に導入され、遠隔地とのコミュニケーションの方法として使われるようになりました。しかし、テレビ会議システムと室内の過度な反響音はとても相性が悪いのです。ここでは過度な反響音が残る部屋にテレビ会議システムを設置するとどのような弊害が起きるか解説します。

テレビ会議でハウリングが起こる仕組み

テレビ会議室システムにはマイクとスピーカーが存在します。その状況はカラオケボックスと似ています。カラオケボックスでもたびたび起きるハウリングがテレビ会議の邪魔をするのです。カラオケボックスとテレビ会議で起きるハウリングは全く同じ理由によって引き起こされます。それはスピーカーから出た音をマイクが拾い、拾った音を再度スピーカーが再生することによって引き起こされます。カラオケボックスと違い、狭い部屋でも大音量でもないのになぜハウリングが起きるのでしょうか。それは室内の音環境が関係しています。室内が狭くなくても、出している音が大音量でなくても室内に過度な反響音が残っているとハウリングが起きる原因になるのです。オフィスの音環境はもともと過度な反響音が残っている場合が多いです。そのような環境にテレビ会議システムを導入してしまうとハウリングが起こったり、相手側の声が聞き取りにくく、コミュニケーションが取れないといったことが起きてしまいます。

テレビ会議時の反響音を低減するには

ではどうすればハウリングなどに邪魔をされずにテレビ会議システムを使用出来るのでしょうか。その点はとっても簡単、室内の過度な反響音を低減すれば上記のような状況にはなりません。室内の壁面などに吸音パネルを適切に設置することによって室内の過度な反響音が抑えられます。それによりテレビ会議を使ったコミュニケーションは円滑になり、ストレス無く会議が進められます。

テレビ会議システムを導入する際は、若しくは導入した後でも部屋の音環境も気にすることをオススメします。

導入前に吸音パネル
設置の効果が分かる!