吸音パネルとは

「吸音パネル」とはその名の通り、音を吸収するパネルのことですが、ここでは吸音パネルの仕組みや使い方などを用途別に解説します。

吸音パネルはなぜ音を吸収するのか?

吸音パネルが音を吸収する仕組みは色々な吸音パネルがあるが、ほとんど同じです。吸音パネルの中に音が入り込んだ際に、パネル内の素材と音で摩擦が生じ、音の力を減衰させる仕組みとなっています。簡単に言うと、吸音素材がフィルターとなり音の力をフィルターで吸収し、残った音が抜けていくようなイメージです。吸音パネルの吸音の仕組みはほとんど同じだが、それぞれのパネルによって使っている素材や表層材が違うので、性能にも違いが生じるのです。

吸音パネルでは遮音できない?

よく吸音パネルで音漏れを防げるのか?という問い合わせを受けます。上記の様に吸音パネルは音を通過させて音を減衰する仕組みなので、遮音製品ではありません。遮音製品はその名の通り音を遮る物なので音を通過させません。よって、吸音パネルで遮音性を顕著に高めるのは難しいです。しかし、吸音パネルによって室内の過度な反響音が早く減衰する分、結果音漏れも早く静まるという付帯効果はあります。

吸音パネルの使い方

吸音パネルを貼る目的は室内の過度な反響音を低減するということですが、貼る位置、貼る枚数などは、どの反響音を抑えたいかによって変わってきます。簡単に2つに分けると、音源の位置がはっきりしているか、はっきりしていないかです。この2つはとても重要で、吸音パネルの使い方が大きく分かれます。次では吸音パネルの用途別の使い方を解説します。

シチュエーションによって変わる使い方

吸音パネルと一言で言ってもシチュエーションによって目的は大きく異なります。目的によって設置方法や使い方などが大きく異なります。下記のシチュエーション別の使い方例をご参照ください。

吸音パネルの使い方|オーディオやホームシアターなど音響向け

オーディオやホームシアターなどスピーカーから出る音源の位置はほとんど固定である場合が多いです。音源の位置がはっきりしていると、反響音がどのように響いているのかが分かり易いので、その分対処もし易いのです。オーディオスピーカーを例にとると以下の場所での対策が考えられます。

1)スピーカーの背面

ほとんどの方がスピーカーを壁や窓ガラスの前に設置しています。部屋のレイアウト上ここはどうしようも無いところではあるが、そのスピーカーの背面の壁やガラスに吸音パネルを貼ると効果を見込めます。スピーカーは正面に音を出すものだが、背面側にも音が出ています。その音を吸音パネルで受け止めることによって必要のない反響音を低減できるのです。

2)スピーカーとスピーカーの間

スピーカーが左右である場合、その間の壁なども効果的な設置位置となります。基本的な理由は1)と同じですが、これも必要のない反響音を低減できます。また、スピーカーとスピーカーの間にテレビやディスプレイを置いている場合、テレビやディスプレイの前に吸音パネルを置いてみるのも効果的です。

3)スピーカーの側面

部屋のレイアウト上、スピーカーを部屋の隅に配置している方は多いです。その場合、背面の壁もそうですが、側面の壁も多いに影響してきます。壁からの距離が取れない場合は側面側に吸音パネルがあってもいいでしょう。

4)スピーカーの対面

スピーカーが置いてある面の反対側の壁などはスピーカーからの音が直接ぶつかるので、対処が必要な部分です。特に、スピーカーからの距離が遠い場合はいいですが、室内が狭く、距離が取れない場合は対処したい部分です。

5)スピーカーとリスニングポジションとの間の側面の壁

スピーカーから出た音はスピーカーとリスニングポジションの間にある側面の壁に反響し、聴いている方の耳に届いてしまうので、その対処として吸音パネルを貼ります。これもスピーカーとの距離が取れない場合、検討したところです。

6)部屋のコーナー部分

四角い部屋の場合、部屋の四隅(角)部分というのは音が溜まりやすいです。その部分を対してみるのも効果的です。できれば四隅を床から天井までを対処したいところですが、難しい場合は壁と天井が交わる四隅だけでもいいでしょう。

7)部屋の床・天井

今までの使い方は反響音の横方向への対処として吸音パネルを貼ったパターンでしたが、音は横方向だけではなく、縦方向にも反響します。優先順位としてはあまり高くないですが、部屋の床面や天井面に貼っても反響音は抑えられます。

オーディオ空間での吸音パネルの使用方法を簡単に解説したが、吸音パネルの貼る枚数については、それぞれの部屋の環境や広さによって変わってきます。一番気を付けてほしいと思うのは吸音パネルを貼り過ぎに注意することです。オーディオ空間で吸音パネルを貼り過ぎると、響きが吸われ過ぎてなにか物足りないような感じになります。オーディオ空間では少ない枚数から徐々に増やしていって自分に合った響きを探してほしいと思います。

吸音パネルの使い方|オフィス空間向け

オフィス空間などの場合、相手の声が聞き取り難かったり、OA機器の音が気になったり、テレビ会議でのハウリングの原因となったりと、過度な反響音がもたらす弊害は意外と多いものです。実はオフィス空間での音環境の認識は欧米と日本ではかなり違います。

欧米の企業ではオフィス空間の音環境を配慮したプランニングがされているところが多いです。それは音環境の悪さが、仕事の効率に直結するとわかっているからです。一方、日本ではほとんどの企業がオフィス内の音環境など考えもせず、見た目重視でプランニングがされてしまいがちです。

では、オフィス内の音環境を改善するにはどのようにすれば良いのかを考えていきたいと思います。

一般的に会議室内の反響音を抑えたいケースや打合せスペース内の反響音を抑えたいなどのケースが考えられます。会議室などは複数の人間が集まり打合せ、テレビ会議をするなどオーディオ空間と違って音源の位置がはっきりしない空間となります。オフィスの会議室などの形はほとんどが四角い部屋です。その四角い部屋の4面に吸音パネルを貼るのが理想的だが、なかなかレイアウトの関係でできない場合も多いです。そこで、4面のうちL字型に2面、吸音パネル貼るのが効果的な貼り方と言えます。なぜL字型かというと、音の反射は直線方向が一番強くなるので、自分の前後の壁1面と自分の左右の壁の1面を吸音パネルでケアすることによって前後左右に必ず吸音パネルがある側を設ける事ができるからです。

これはローパーティションで囲われた打合せブースでも同じことが言えますが、背の低いローパーティションはL字よりも多く吸音パネルを貼ることが望ましいです。

吸音パネルの使い方|保育園・幼稚園向け

近年、近隣への騒音問題が取り沙汰されている保育園や幼稚園ですが、室内で使用する吸音パネルの需要も高まっています。なぜ保育園や幼稚園の室内に必要かというと、まず、第一に室内がとても響き易い空間となっているからです。子供の声は主に高音域なので、より室内に響き易い。第二に合唱などの際は相当な音圧レベルになることです。大声で歌うことはとてもいいことですが、室内が響き易い空間では大声で合唱すると過度な反響音によって耳への負担も増大します。室内にいる園児はもちろん、一緒にいる保育士さんたちの耳へ負担が心配です。大学の研究結果では1日の間で保育前・保育後で保育士さんの聴力検査をした結果、保育前よりも保育後の方で聴力レベルが下がったという研究結果も出ています。もちろん、1日だけであればそこまで問題にするレベルではないかもしれませんが、週5、6日とそのような空間に園児や保育士さんがいるということは長期的に見ると耳への負担が蓄積されている可能性も考えなくてはなりません。

そのような空間で吸音パネルを使うと、直接音を減らすことにはならないですが、過度な反響が抑えられることによって間接的に入る耳への負担が軽くなります。過度な反響音が低減できることによって保育士さんたちの園児への指示の伝達スピードが上がり、大きな声を出さずとも指示が伝わるなど、それ以外にも良い効果も生まれます。

待機児童問題で都心部では保育園や幼稚園が新しく開設されるケースも増えて来ると思いますが、都心部になればなるほど密閉された部屋での保育が増えてくると思います。そのような音環境が悪い空間を少しでも改善して子供に優しい空間で保育をしてほしいものです。

吸音パネルの使い方|教育現場向け

教育現場での場合、過度な反響音によって先生の声が聞こえにくいといったケースや、オープン教室の学校などは隣の教室の声が聞こえてしまって授業にならないなど、音環境の悪さが結果、生徒へ悪影響が出ていることもあります。

しかし、日本の教育現場では音環境を意識して作られた教室は音楽室や視聴覚室などの特別教室しかありません。では、実際に音環境が悪いことによって、どのような弊害が起きてくるのでしょうか。まず一般の教室で過度な反響音が残っている場合は、先生の声が聞こえにくくなっています。また一番前の席と一番後ろの席とではもちろん声の聞こえ方も違ってきます。もし反響音によって先生の声が聞こえにくいとしたら、それは授業に出ていても出ていないのと同じ状況が起きていると言えます。

近年では教室と廊下の壁を無くしたオープン教室を取り入れた学校もある。この状況は音環境としては最悪と言っても過言ではありません。隣の教室の声がすべて聞こえる状態で生徒が集中して勉学に励むことができるでしょうか。生徒が集中する環境を整えなければならない学校が、生徒の集中力を乱すような環境を作ってしまっては元も子もありません。正直、このような状況は学校を設計する段階でわかるはずなのだが、残念なことに日本の建築設計に携わる方々には音に関する知識が無い方が多いです。

では、どのようにすれば教育現場の音環境を改善できるのでしょうか。オープン教室のような空間では教室と廊下との間に壁を設けて下さいと根本的な対策が必要でしょう。例えば、過度な反響音が残っている教室あれば、まずカーテンを閉めることです。一般的な教室はベランダ側と廊下側に窓があります。そのカーテンを閉めることによって窓ガラスの反射を抑えられます。それでも足りない場合は、吸音パネルを教室の後ろ側に設置するのが良いでしょう。先生の声が過度に反響しなくなれば、声の明瞭度も上がり、生徒も声を聞き取り易くなります。教育現場で音環境を意識することによって、より良い教育環境が増えていけばと考えます。

吸音パネルの使い方|工事現場向け

様々な音が発生する工業現場では労働安全衛生法によって騒音レベルの規制が定められています。しかし、あくまでこれは労働者個人を保護するものであって近隣への騒音を低減するものではありません。工場の近くに住宅地がある場合など、近隣への騒音対策は切っても切れない悩み事でしょう。工場が騒音を発生させる原因のほとんどは「機械騒音」である。しかし、機械騒音を根本的に無くそうと思うと機械自体を防音室の中に入れなければならなくなります。それは非現実的な方法ですが、吸音パネルによって騒音を低減することはできます。

騒音発生源(機械)を遮音性のあるパネルですべて囲う方法は、作業面や放熱面を考えると不可能です。しかし、放熱部分を開口させ、遮音パネルの内側に吸音パネルを貼ることができれば、発生した騒音がパネル内側で吸音パネルにより吸音されて低減できる仕組みにより騒音を軽減することができます。

工業現場などの音環境もちょっとした工夫で改善することが可能です。騒音がするのが当たり前と思う意識を変えて、より良い労働環境が増えていけばと考えます。

導入前に吸音パネル
設置の効果が分かる!